沿革
昭和19年 9月 当社の母体,山陽機械工業株式会社を設立,船舶艤装品の製造を行う。
昭和42年 2月 スカイアルミニウム株式会社の技術協力を得て,アルミニウム合金製小型ボート(15’〜25’)の開発に着手する。
昭和43年 4月 舟艇工場(約1,500u)を完成する。
昭和43年 9月 瀬戸内工業株式会社を設立し,全事業を継承する。
昭和45年12月 当社として最初の本格的アルミニウム合金製11米型交通艇「かもめ」を建造する。
昭和55年 7月 瀬戸内工業株式会社の造船部門の全事業を継承し,瀬戸内クラフト株式会社を設立する。
平成 元年 6月 スカイアルミニウム株式会社の系列傘下に入る。
平成 4年12月 東京大学船舶工学科および日立造船株式会社の三者による,水中翼双胴型高速艇の開発に成功し,「SUPER JET」シリーズ船の建造体制を確立する。
平成10年 6月 軽合金製単胴船では,国内最大級の43m型高速旅客船「ささゆり」を家島汽船株式会社へ建造納入する。
平成11年 3月 業務艇では最高速(43.5ノット)の税関監視艇を半没式推進システムにより達成。 「こうべ」を神戸税関に建造納入する。
平成15年 3月 スカイアルミニウム株式会社より全事業を継承する。

平成17年 7月 野母商船株式会社殿へ建造納入した「ぐらばあ」により
(社)日本船舶海洋工業会殿より、2004年度「Ship of the yer'04」準賞を受賞。
平成20年 3月 漁業取締船では最高速(47.00ノット)の「かいおう」「はやぶさ」を長崎県殿に建造納入する。
平成21年 3月 漁業調査取締船では最高速(48.69ノット)の「つくし」を福岡県殿に建造納入する。
平成24年 8月 旧桑田桟橋の向島側桟橋を取得し、桟橋を新規建造する。
平成26年 2月 隣接地に敷地4,467u及び工場2棟を取得する。
平成27年 7月 スリップウェイを増設(6mX50m 4レール)する。
平成27年 8月 1工場を撤去し、新工場を建造する(幅17mX奥行80m)。
平成27年 9月 事務所を新設する。